BLOG

理想的なリビングの広さは?

住まいの「顔」とも言えるリビング。広々とした明るい空間、憧れますよね✨
注文住宅を建てるなら「今のリビングよりも広くしたい」と考える方が多くいらっしゃいます。
では、『家族が一番長く居る場所』『お客様をおもてなす場』にもなるリビングはどれくらいの広さが平均的なのでしょうか。

4人家族でLDKの広さの目安は16畳~20畳程度、中でも20畳以上の広さがあれば
 “ある程度余裕がある“ と言えそうです。(広いと感じるかは千差万別ですが・・・)

実際に、弊社で今期ご契約いただいたお客様のLDKの畳数平均を計算してみたところ
21.37帖」となりました!

やはり広々としたリビングをご希望されているのが分かりますね。

しかし、ここでご注意いただきたいのは
リッドでもそうですが、リビングはLDKと表記されることがほとんどです。
L:リビング
D:ダイニング
K:キッチン

LDKの場合は畳数の中に「ダイニング」と「キッチン」のスペースが含まれています。
LDKと言っても純粋にリビングとしてのスペースを表しているわけではないのでご注意ください。

リビングの広さに関係してくるテレビの距離についても注意が必要です。

大型化が進むテレビのサイズですが、最適視聴距離は「テレビ画面の高さ×約3倍」です。
例えば、60インチのテレビですと画面高さは約74.7㎝
74.7㎝×3=224.1㎝ が最適視聴距離になります。

リビングが広いからといってテレビからソファーの距離を離し過ぎると見えにくくなってしまいます。

リッドでは内観パースの作成をしております。パース上で家具を置いてみることでよりイメージが具体化されるかと思います。

自分が・・家族が・・それぞれにリビングでしたいことを考えてみてはいかがでしょうか✨
きっと創造するだけで楽しい未来がみえてくると思います。
マイホームをご検討中の方は、ぜひリッドにご相談ください!
理想のリビングを実現できるようにお手伝いさせていただきます!!

関連記事一覧

最近の記事

YUCACOシステム注文住宅見学会
富岡モデル大幅値下げ売却中
YUCACOシステム注文住宅見学会